Tag Archives: unity

entrance
© 2012 ヒノ. All rights reserved.

発見があって背景テクスチャも楽しい

というわけで。テクスチャとライトを試してみた。標準でtoonシェーダがあるのは便利でよいな。さすがunity。シェーダでも色々遊んでみたいけど、まずは形にすることを優先で。シェーダといえば、背景がやっぱりのっぺりしてるからtoonにしてもきれいに出ないのは悩みどころ。バンプマップにして標準シェーダにしたほうが良いかなぁ・・・ あとは、キャラクタにtoon当ててみたけどなかなか綺麗に出すパラメータが見つけられなかった。もしかしたらシェーダからいじらないとダメかもしらん。モデルのつくりが悪いのかも。 モデルの作りといえば、ポリ数が背景だけで3万ポリゴンもあった。まぁ最適化はこれからだとしても、PS2レベルでそろそろ限界。ロマンパーツやらキャラクタ載せなきゃいかんのに・・・・うーむ。 そろそろiPhoneだと動かない予感がするので、次回はそっちのパフォーマンス見てみたい。パフォーマンス出なかったら、もっとローポリなモデル用意するのかな。せっかくマルチプラットフォームだけど、リソース2重管理とかヤだなぁ。どうすんだろ。ともあれ、動かしてみないとわかんないワケなんだけど・・・iPhone側は、環境からなんとかしなきゃいけないと思うとめんどくさい。というか、ポリゴン数、テクスチャのスペック調査は最初にやらんとだめだよね。だって全部作り直しになるかもだし。全部棚上げにして、表情とかイベントーパート先にやりたい! 【ニコニコ動画】test 2012-06-03 00-02-48-739.avi

ゴゴゴゴ
© 2012 ヒノ. All rights reserved.

小人さんが仕事しなかった話

キャラクタのモデリングは今まで何体か作ってきたけど、背景というかオブジェクトモデルを作るのは、初めて位なチャレンジで、どこから手を付けて良いのかサッパリだった。とりあえず、間取りとか物を置いたらソレっぽく見えるかなーと、下書きを始める。 きっちりとしたイメージがあるわけじゃないから、イマイチもやもや。物のサイズも考えてみると全然わからなくて四苦八苦した。スケールのばして実際の3メートルを感じてみたり。いや、リアル3メートルってでけぇな。イメージしやすい場所を2Dで起こしてみて、あとは、適当に配置したら足りないものとか見えてくるだろ?的なノリで、今回も見切り発車。 【ニコニコ動画】test 2012-05-26 00-19-16-765.avi で、作ってみたけど、やっぱり「もやもや」してた部分は、「もやもや」したまま形になった。いやー作ってるうちに小人さんが何とかしてくれるかと思ったけどダメだね。あと、背景は空気感が如実に出るのを実感。全体的にスゲェ安っぽい上にキャラクターとズレまくってるというか。うーん。テクスチャで何とかなるもんなんだろうか。まぁ、次回はその辺を試してみる感じで。

unityアニメーションテスト
© 2012 ヒノ. All rights reserved.

Blenderとの親和性

Blenderからunityにデータ取り込んで、実行形式にしてみた。 【ニコニコ動画】test 2012-05-19 12-50-08-914.avi端的にいうと、親和性も糞も無かった。.blendファイルをAssetsフォルダに置くだけで完了。マテリアルとかライトは、設定弄らないとだめかもだけど、私が使うレベル(分かるレベル)では、大丈夫そう。心配してたアニメーションは、スクリプト1行でアニメ補完含めて、実装出来ちゃう始末。ツールとしての完成度はとんでもねぇなunity。 プログラム的な要素としては、カメラ動かしたり、キャラクター動かしたりするところに若干のスクリプト記述と簡単なVector,Matrixの知識が要るかもだけど、Assetsストアには、スクリプトもあるとかないとか。ベクトル、マトリックス、内積、外積、クオータニオン、球、面、直方体、接点、距離、衝突判定・・・近いうちに何も知らなくても作れるようになるんじゃねぇだろうか。まぁ、望む世界ではあるがプログラマとしては戦々恐々だナァ。 そんなことより問題なのは、モデルアニメーションなわけで。とりあえず作ってみたけど動きに違和感しかねぇ!分かっちゃいたけど、手付けでアニメーションさせるのは、ノウハウがいるよなー。最近は、キネクトとかでモーキャプとかも出来るみたいだけど、結局ボーンとの整合性が・・・って、まぁ、この辺も面白いところだからまたじっくり試す感じで。 次回は、背景を作ってみる。全体の空気感というか色調というか。ライティングも含めその辺がキモになりそうな予感。