ゲームするの
© 2012 ヒノ. All rights reserved.

金持ちの理論

ゼニーの話。UNITY、IPHONE、ANDROIDってのは結局のところ課金がやりやすいからなわけだけども、じゃぁ、どういう課金にすべきだろうか?って考察。あ、お金は欲しい前提で。もうすぐ仕事もやめるし。正義姉妹の偉い人も「お金はすべてじゃないよ!ほとんどだよ!」って言ってたし。

閑話休題。まぁ、正直クオリティは、どうがんばってもメーカーさんには敵わないよね。んで、そういうのが0円だったりするから、500円でも高い気がしちゃうんだけど、500円ってそれ自体は高くねぇと思うわけよ。たとえば、コンビニでキャベツ買うと250円だけど、スーパーで買えば150円みたいな。差額は、たった100円だけどすごく高く感じちゃう。じゃぁ、どうやったら、その250円のキャベツを買わせることが出来るかという話し。

まぁ、一般的に付加価値とか状況を作れば良いわけだけど、(たとえば夏、冬のビックサイト壁際とかに答えはあると思う)私としては500円という異常な価格破壊をなんとかしたい。キャベツ10円とかになったら、誰もキャベツ作らなくなって、キャベツ食べれなくなるじゃん?(まぁそう簡単になくならんけど)というわけで、たぶん一番遠回りな啓蒙活動(宗教化、教祖化)で、これを解決しようと思うわけです。

「好きな事には、惜しみなく金をつかおうぜー。磯野ー野球やろうぜー。」

ゲームは予約して買うし、アニメは違法サイトで見ない。せめてレンタルで、好きな作品はBD買う。不景気な世の中だけど、せめて自分の好きなものを作ってる人たちにだけは裏切らないように心がけるのはどうだろうかと、oniyuri.jp教では提案するのです。さぁみんな信じるんだ。信者になって布教すれば救われるはずだwww

コメントを残す