Category Archives: 未分類

01_02
© 2012 ヒノ. All rights reserved.

カメラとレイヤー

あーUnityでは、レイヤーって概念があって、カメラはどのレイヤーの子を画面に描画するかーっての決められるって話をしようと思ったんだけど、その前に、c83当選しちゃったYO!!や、やべぇ・・・間に合うの・・・か・・・。いや、涙を呑んだ人達がいるんだから、絶対間に合わせないとだめだよな。が、がんばる。 閑話休題 というわけで、画面に何かを表示させるって場合、2Dのときは、X,Y座標を指定して、絵を出すとか線を書くとかした訳なんだけど、3Dの場合は、XYZな空間にモノを置いてるので、ドコを表示したら良いか困っちゃうよね。ってわけで、カメラを用意して、そのカメラが見てる範囲を画面に表示するワケなんだけど、このカメラ、2台、3台当たり前で使えちゃう。しかも、画面右半分を1台目のカメラ、左半分を2台目のカメラってだけじゃなくて、1台目のカメラで描画したその上から重ねるように2台目のカメラでーって事ができちゃう。良くやるのが、まず3Dオブジェクト描画用のカメラで、3Dのキャラクタとか背景を描画して、そのあと、2D用のカメラで、HPとか時間とかGUIを表示するみたいな。あと、エフェクト用にカメラ分けたりとかもあるね(タイトル画像のピンクっぽい囲いのアレ)。この辺、UNITYでは、各GameObjectをレイヤーにのっけて(Inspectorタブの右上の当りLayer)、カメラはどのレイヤーを描画するか?(右図)ってので制御する。 あと、エフェクトのモデルもこんな感じにUVを細工しておけば、シェーダーをちょっとイジルだけで、文字がグルグル回るようなエフェクトも可能!(U座標を時間でずらしてやれば、いいだけ)やべぇ、簡単すぎる。この辺は、わかっちゃいるけど、やろうと思うと一手間だから、UNITY様々だよ。ほんと、ツールとして欲しいものが揃ってるUNITY!さぁ、みんなもUNITYを使うんだ(ステマ)

commandImage
© 2012 ヒノ. All rights reserved.

GUIを作る話

なにはともあれ、動かないと面白くないのでとりあえずGUIでなんか操作できるようにしようと思うわけです。メインターゲットはiPhoneなので、実際の画面を使って・・・・ って、実機が無いじゃーん!ということで、リアル寸法をwebで調べて紙に書きます。ナニこの涙ぐましい努力。 んで、実際にイメージしてみる。横向きに持ったときに右側にGUIコマンドを出すとして・・・うーん、縦に4つ並べる位が限度じゃないかしら。 大体の感じが掴めたので、次はゲームの機能上必要なボタンを考えて適当にペイントツールとかで、配置してみる。とはいえ、ゲームシステム自体もやーっとしか決まってないので、まぁ、ざっくり。 そしたら、ゲーム画面のスクリーンショットを撮って、ソレを下地にテクスチャを書く。こんな感じかなー。 あとは、UNITYに持っていって、スプライトとして貼り付け・・・なのだけど、今回マルチプラットフォームってことで、画面の解像度とアスペクト比がある程度自由になっちゃう。その辺を考慮する必要があるかー面倒だなー妖精さんが何とかしてくれないかなーとか妄想してたら、あっという間に時間だけが過ぎたとか。あと、UNITY標準の2D-GUI表示は使い物にならないほど遅い(未検証)ので、正射影カメラで板ポリ映すとかまた面倒な事言い出す始末。world座標とピクセル座標の変換とかー。簡単だけどUNITYの仕様調べなきゃいけないから、ひたすらメンドクせぇ。妖精さんが・・(ry なんかめんどくせぇ話がモリモリあって結局こんな時間になっちゃったYO。というわけで、その辺の細かい話は次回! 【ニコニコ動画】test 2012-06-17 23-41-00-386.avi

ゲームするの
© 2012 ヒノ. All rights reserved.

金持ちの理論

ゼニーの話。UNITY、IPHONE、ANDROIDってのは結局のところ課金がやりやすいからなわけだけども、じゃぁ、どういう課金にすべきだろうか?って考察。あ、お金は欲しい前提で。もうすぐ仕事もやめるし。正義姉妹の偉い人も「お金はすべてじゃないよ!ほとんどだよ!」って言ってたし。 閑話休題。まぁ、正直クオリティは、どうがんばってもメーカーさんには敵わないよね。んで、そういうのが0円だったりするから、500円でも高い気がしちゃうんだけど、500円ってそれ自体は高くねぇと思うわけよ。たとえば、コンビニでキャベツ買うと250円だけど、スーパーで買えば150円みたいな。差額は、たった100円だけどすごく高く感じちゃう。じゃぁ、どうやったら、その250円のキャベツを買わせることが出来るかという話し。 まぁ、一般的に付加価値とか状況を作れば良いわけだけど、(たとえば夏、冬のビックサイト壁際とかに答えはあると思う)私としては500円という異常な価格破壊をなんとかしたい。キャベツ10円とかになったら、誰もキャベツ作らなくなって、キャベツ食べれなくなるじゃん?(まぁそう簡単になくならんけど)というわけで、たぶん一番遠回りな啓蒙活動(宗教化、教祖化)で、これを解決しようと思うわけです。 「好きな事には、惜しみなく金をつかおうぜー。磯野ー野球やろうぜー。」 ゲームは予約して買うし、アニメは違法サイトで見ない。せめてレンタルで、好きな作品はBD買う。不景気な世の中だけど、せめて自分の好きなものを作ってる人たちにだけは裏切らないように心がけるのはどうだろうかと、oniyuri.jp教では提案するのです。さぁみんな信じるんだ。信者になって布教すれば救われるはずだwww

ゆりてれ
© 2012 ヒノ. All rights reserved.

ゆりてれ on the web TV

旧おにゆり温泉、最後にして最高のコンテンツ「ゆりてれ」。実は3Dゲームを作る前段階のテストとして、イベントシーンスクリプトの実験中に生まれました。キャラクターは、看板娘なのに仕事しない二人「うめ」と「ちよ」。よく考えたら、サイトでピックアップしたのは数える限り(看板娘なのに)だけれど、一番思い入れのある子たちなのです。 そんな「ゆりてれ」は、モデリング、プログラムはもちろん、イメージボードから、キャラクター資料、設定資料、アフレコ台本・・・ワルノリCM企画とか、製作の面白いところ全部のせな、とにかくやりたいことやったコンテンツとして完成しました。そして、なんと今でもニコニコ動画で見れちゃうよ!今すぐアクセス!www おまけは、本編より長いボーナストラック。協力していただいた声優さんお二人をパーソナリティにwebラジオ的なノリで収録しました。声優ラジオ!いいよね! その他資料はこちら

旧おにゆり温泉ロゴ
© 2012 ヒノ. All rights reserved.

秘湯!!おにゆり温泉

第1期のおにゆり温泉は2004年の3月から2009年の5月まで(最後はまったく更新なかったけど)更新してました。相変わらずイラスト描きながら、たまにゲーム作ろうとして失敗したり。web漫画やったり、ピンキーをハーフスクラッチしたり、携帯ケースを作ったり。今思うと、案外長いことやってたんだなー。おにゆり温泉の前進であるHTC(はっぴーたいむかふぇ2000年前後かな)の頃と別段やってることは変わらなかったわけだけども。そんなわけで、2012年!ついに2クール目が始まるですよ? web漫画 ■■■■■■ ピンキー ■■■■■■■■■■ 携帯ケース ■■■ 過去ログ  2004年 ■■■■■■■■■■  2005年 ■■■■■■■■■■■■  2006年 ■■■■■■■■■■■■  2007年 ■■■■■■■■■■■■  2008年 ■■■■■■■■■■■■  2009年 ■■

万華鏡
© 2012 ヒノ. All rights reserved.

紅毛渡り更紗眼鏡

万華鏡って紅毛渡り更紗眼鏡って呼ばれてた時代があったらしいんだけど、これまたイカスネーミングセンスだと思うわけよ。まぁ読めないけど。語感的には、万華鏡が、おねーさんのイメージで、紅毛渡り更紗眼鏡は、ロリっ子のイメージだと思います。しかも、なんか明治とか大正とか、古い時代の哀愁感がある感じ。もちろん、お父さんの大きいメガネをこっそり掛けてみて、クラっとくるも、そのまま書斎で読めもしない分厚いでかい本を一生懸命読んでる(風)にマネをしちゃうって・・・・あーそういえば、「小梅橋って可愛すぎて死ぬ。ロリすぎる」っていったら、迫害されたのを思い出したので自粛。

こもれびjp
© 2012 ヒノ. All rights reserved.

まどろみ3年

2009年3月、旧おにゆり温泉で最後にUPされたイラスト。あれからいつの間にか3年だよね。なんというか、定時で帰れるSEをやってたのにもかかわらず、常にギアLOWで仕事「だけ」してたような気がする。あとはいつものメンツで毎週ダラダラと。日記も付けてなかったから実際、何やってたかも不明な3年間なわけなんだけども、総評として、楽しい3年だったー まぁリアルがどんなに不幸でも幸せでも、朝の布団から抜け出せないまどろみの3分間って幸せだもんねw